薬剤師求人自衛隊.com【※推奨サイトランキング】

自衛隊の薬剤師として働きたいなら

薬剤師の職場の中でも珍しいのが自衛隊です。公務員としての採用になりますので福利厚生もバッチリです。ただ採用は極めて少ないので転職をお考えならしっかりとした対策が不可欠です。

まずはリクナビ薬剤師などの転職エージェントに登録しましょう。豊富な求人数はもちろん、コンサルタントは転職のプロなので転職活動を安心して任せられますよ!

自衛隊の薬剤師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクナビ薬剤師は、リクルートが運営する薬剤師転職サイトです。大手が運営しており、薬剤師以外でも就職・転職と言えばリクナビと言われているくらいの安心感が最大の特徴です。もちろん取り扱っている求人数もトップクラスで、非公開求人の数もかなりの量があります。自衛隊で薬剤師として働くための求人情報にも期待ができるので、薬剤師としての転職を考えているなら登録をしておいて間違いはないと言えるサービスの1つです。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ファルマスタッフは、全国に15の拠点を持った転職支援サービスです。薬剤師専門の派遣・転職支援会社ということもあり、調剤業界トップクラスの日本調剤グループの会社という強みもあります。薬剤師として働くための様々なサポートが受けられるため、今とは別の働き方をしたいと考えている薬剤師の人なら、ぜひ活用してください。情報を提供するだけではなく、目標を達成するためにどうすれば良いのかも含めて助けてくれます。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビ薬剤師は、利用者の満足度がとても高い転職サービスとして知られています。マイナビの系列ということだけでも安心感を覚える人もいますが、そのブランドに恥じないきめ細やかなサービスも特徴の1つです。転職のプロがサポートしてくれるので、薬剤師として自分がどういう働き方をしたいのか、そしてそれに対して何をしていけば良いのかなど、徹底的に助けてもらえます。自分が目指す薬剤師としての働き方に困ったときは、相談してみましょう。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬キャリは、多くの人が利用している日本でも最大級の薬剤師転職支援サイトです。全国の薬剤師求人が集められているだけではなく、その情報量も豊富にあることも多くのユーザーがいる理由となっています。様々なタイプの求人情報が集まるだけではなく、キャリアアップに対するサポートもあるため、自衛隊での薬剤師を目指すなど特殊な働き方についてでも相談してみる価値は十分にあります。

ファゲット 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ファゲットは、業界でもトップクラスの非公開求人情報を持った転職サイトです。独自のネットワークを用いて集められた求人情報は、他の転職サイトとの差別化ができていると言えるほどで、それに対してどのようなアプローチをすれば良いのかなどもサポートしてくれます。自分自身が目指す目標と、それを達成するためのアドバイスを専任コンサルタントから受けられるので、しっかりと活用していきましょう。薬剤師としての将来、そして不安などの悩みを相談することで、新しい道が見えてくることもあります。

自衛隊の薬剤師求人は見つかる?

薬剤師の資格を持っていると、色々な職場で働けるチャンスがあります。その中には、あまり聞いたことがないものもありますが、その1つが自衛隊薬剤師です。実際に自衛隊薬剤師として活躍している人はいるのですが、薬剤師の資格を取得した人でも就職活動をするまでは知らなかった人がいるくらいです。

自衛隊薬剤師は、当然のことながら国家公務員という立場になります。実際になるためには自衛隊へ入る必要があり、そこから薬剤官を目指して教育を受ける流れです。また薬剤官は幹部になるため、幹部候補生として教育を受けることにあります。実習自体も民間の病院ではなく自衛隊病院で行われるため、自衛隊薬剤師のことを知る人は少ないのです。

ここで気になるのは、実際に就職をする場合の求人情報はどうやって見つけるのかです。実際に自分が自衛隊薬剤師になりたいと思っていても、募集をしていなければなることはできません。そしてその求人自体も、簡単には見つからないのです。

実際に自衛隊薬剤師の求人を探す場合は、まず自衛隊のホームページをチェックしてみてください。そこにある自衛官募集ページをチェックすれば、詳細を確認できます。試験はいつ行われるのか、募集はいつから開始しているのかなどの情報がチェックできるので、まずはここを参考にしてみてください。

ただしここでチェックできるのは、定期的に行われている募集です。自衛隊薬剤師でも欠員が出ることはあり、その場合は臨時で募集をすることがあります。その場合は、自衛隊のホームページ以外でも求人情報が公開されています。

まず参考にしたいのは、自衛隊病院です。それぞれのサイトをチェックしてみると募集をしていることがあります。そして次に転職支援サービスなども忘れてはいけません。通常はほとんど見つからないこの求人ですが、非公開求人として募集される可能性があります。自衛隊薬剤師は国家公務員ということもあり、通常の求人とは異なります。そのため普通の探し方では見つからないことが多いので注意してください。

実際に探してみて、なかなか求人情報が見つからないと困っている人は、これらの方法を試してみましょう。いつでも募集をしているわけではないのでタイミングも重要ですが、それだけにしっかりとアンテナを張り巡らせてください。募集があっても条件面で応募できない場合もあるので、まずは自衛隊薬剤師がどういうものなのかを知るところから始めてみてください。あまり知られていない働き方だけに、どれだけ情報を持っているのかはそれだけで武器になります。


Copyright (C) 2017-2018 薬剤師求人自衛隊.com【※推奨サイトランキング】 All Rights Reserved.